記事詳細

【ネット騒然銘柄】「モブキャスト」好決算で買われるも一転ストップ安 トレーダーの声は拮抗

 エイベックス所属の新世代のアーティストたちが、1990年代にリリースされたエイベックスを代表するアーティストのヒット曲をリバイバルする企画がスタートし、話題となっている。

 スマホゲームのモブキャストホールディングス(3664)。2013年以降に何度も人気化→急落を繰り返しており、今月9日の決算発表以降は株価の急反発が続いていたが、14日は一転ストップ安。2ちゃんねる上では「やっぱりモブ逝ったぁぁ」「早く逃げて!」など相場の終わりを告げるトレーダーと、「いま買うやつはセンスある」など、相場が続くと考えるトレーダーの声が拮抗(きっこう)。今後の相場が彼らの命運を分けそうだ。

 14日は同じく“リバイバル銘柄”として、仮想通貨関連の主力銘柄として人気を博したリミックスポイント(3825)が第1四半期決算を発表。決算発表では散々相場を騒がせてきた同銘柄だが、決算自体は好調な内容。これを受けて「何の問題もないだと!?」と驚きの声を上げるトレーダーも。業績で評価される日も近い?(新井奈央)

 【2018年8月16日発行紙面から】