記事詳細

【ネット騒然銘柄】猛暑で「ミネラル麦茶」人気高まる思惑『石垣食品』急騰 ネットの声「明らかに大口の仕掛け買い」

 お茶やビーフジャーキーを販売する石垣食品(2901)。足元の猛暑で主力商品の一つ「フジミネラル麦茶」の人気が高まるとの思惑から、ここ数日で株価が急騰している。

 同社は営業赤字続きで「上場廃止に向けた猶予期間」入りしていた。6月に機能食品会社を買収することで上場廃止を免れたが、それが明らかとなった際には株価はほとんど反応せず。ところが、7月17日から突如として急騰を開始したため、ネット掲示板などでは「明らかに大口の仕掛け買いが入ってるな」との見方が支配的となっている。麦茶がおいしい季節は当面続きそうだが、同銘柄の相場はいつまで続くか。

 今月4日に新規上場し、一時は公開価格の3倍超まで値上がりしていたロジザード(4391)。その後は右肩下がりとなっていたものの、20日は前場に急騰、引け間際に急落というジェットコースター相場の様相を呈してきた。ツイッター上では某著名トレーダーが参戦しているとの憶測も流れており、天候のようなアツい展開を期待しているトレーダーが少なくないようだ。(新井奈央)

 【2018年7月24日発行紙面から】