記事詳細

【オトナの社会科見学】3度注ぎの秘訣も! 30周年で見学ツアーをリニューアル「サッポロビール千葉工場」

 妻夫木聡をメーンに、さまざまな著名人が「大人とは…」をモチーフに語り合うのが印象的な「黒ラベル」のCM。オレンジ世代の筆者は、「男は黙ってサッポロビール」の三船敏郎を思い出すが、あれから約50年。沈黙の時代ではないのだと実感する。

 サッポロビール千葉工場は1988年に竣工(しゅんこう)した。東京湾を一望し、ヤシの木が茂る南国情緒あふれる中にある。

 今年30周年を迎え、見学ツアーのリニューアルを行った。製造過程や仕込み釜、ビールのパッケージングで約80分。工程を流れる黒ラベル6缶パックが、段ボールが一気に組み立てられて出来上がる箱の中で、24缶詰めとなって出てくるさまは魔法のようだ。ブランドコミュニケーターの女性が「毎日、何時間でも見ていたいです」と語る姿には商品愛を感じる。

 ツアー後はのどを潤す試飲タイム。継ぎ足しを重ね、グラスのふちからはみ出しても泡がこぼれない3度注ぎの秘訣(ひけつ)も教えてもらえる。

 最寄りのJR各駅から無料のシャトルバスを使うのが便利。90日前から申し込めるので予約して訪れたい。(矢吹博志)

 ■「サッポロビール千葉工場」(千葉県船橋市高瀬町2、(電)047・437・3591)10時30分~17時 新・黒ラベルツアー参加費は大人500円、中学生~20歳未満 300円、小学生以下 無料 休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日あり