記事詳細

【トップ近況】「ご褒美感のある商品への需要高いのでは」 スターバックスコーヒージャパン・水口貴文社長

 「30~40代ではご褒美感のある商品への需要が高いのではないか」と話すのはスターバックスコーヒージャパン(東京)の水口貴文社長(51)。希少価値の高い豆を使い、価格が通常の2~3倍のコーヒーなど、ぜいたく感のある商品を増やしている。

 全国の合計来店者数は1日約80万人で、5年前に比べて約20万人増加した。「店舗が混雑して座れないという声がある。出店を進め、居心地の良い空間をつくることが大切だ」と強調した。

zakzakの最新情報を受け取ろう