記事詳細

【オトナの社会科見学】豊田社長の助手席に!? レクサスのブランド体験型施設「LEXUS MEETS…」

 今年3月末にオープンした東京ミッドタウン日比谷内にある「LEXUS MEETS(レクサスミーツ)…」は、トヨタ自動車のラグジュアリーカーブランド「レクサス」のブティック、カフェ、車両展示と試乗が一体となったブランド体験型施設だ。

 ブティック&ギャラリー「STEER AND RING」では、レスサスのあるライフスタイルをテーマに、時計やシャンパンクーラーなどさまざまな分野からセレクトした雑貨販売と車両展示を行う。VRもあり、豊田章男社長が運転する同車の助手席に乗ってテスト走行を疑似体感できる。

 レクサスの世界観を「食」で表現したカフェ「THE SPINDLE」は、日本の食材にこだわりつつ「見て、食べて、撮って」楽しむのがテーマ。オーブンで丸ごと焼き上げたチキンや、牛肉が入る「洋風すき焼きとフライドエッグ」、サンドイッチが人気。

 スマートフォンやタブレット端末から簡単に事前予約できる試乗体験プログラム「TOUCH AND DRIVE」では、ラインアップ全11車種が地下に駐車されており、どれでも選択可能。1時間程度、自由に都心のドライブが楽しめる。(矢吹博志)

 ■「LEXUS MEETS…」(東京都千代田区有楽町1の1の2東京ミッドタウン日比谷1階、(電)03・6205・7715) 11~21時 カフェは月~土曜日が11~23時、日曜日・祝日が11~22時

zakzakの最新情報を受け取ろう