記事詳細

【オトナの社会科見学】高架線路下にタイニーハウスを活用した複合施設「タイニーズ横浜日ノ出町」

 京浜急行の日ノ出町駅から黄金町駅の高架線路下に4月末オープンしたのがタイニーハウスを活用する複合施設「タイニーズ横浜日ノ出町」。宿泊、カフェ、水上アクティビティの3施設からなる。

 タイニーハウスとは必要最低限の物のみを所有するシンプルな生き方の象徴。自動車で牽引(けんいん)できるトレーラータイプの家などで知られる。京急電鉄と、新たな住まい方を提案し、遊休地活用などを手がけるYADOKARIのコラボで実現した。

 この辺りは黒澤明監督の映画「天国と地獄」の舞台ともいわれ、長く違法風俗街だったが、2000年代にクリーン化が図られ、姿を変えた。

 高架下に車輪がつくタイニーハウスが幾つも建つ。宿泊施設は家族や友人同士で楽しむ「1室貸し切り」、旅行者間で交流を深められる「ドミトリー(男女別)」の2タイプ。インバウンド客の人気を集めそう。

 カフェは地元横浜のクラフトビールも提供。大岡川に面した立地を生かし、近年盛んな水上スポーツ、スタンドアップパドルボード拠点として更衣室などを完備。イベントも予定し、26日は「正直な働き方のための500冊」と題するブックマーケットを開催する。(矢吹博志)

 ■「タイニーズ横浜日ノ出町」(神奈川県横浜市中区日ノ出町2の166番地先)カフェは火曜日定休で11~14時(ランチ)、18~22時(バータイム) 水上アクティビティ10~17時

zakzakの最新情報を受け取ろう