記事詳細

【榊淳司 マンション業界の秘密】後悔しない物件購入ノウハウ タレント起用はウリが薄い、購入予約のバラはフェイクの恐れも (2/2ページ)

 建物が完成しているのに管理費や修繕積立金が「未定」となっていたら要注意。一般的な設定よりも高い水準の場合が多い。

 モデルルームでは、きらびやかな家具や設備に目を奪われてはいけない。インテリアコーディネーターの技量など物件を選択する基準にはならない。それより柱型や梁(はり)の出方を調べる。自分が描く住戸内をイメージすることだ。

 販売担当者のトークも注意する。彼らは常に販売が好調だと語る。日本人は他人がほしがっている物件を自分もほしがる妙な習性がある。彼らはそこに付け込んで人気物件を装う。だから「他にも検討している客がいる」「早く申し込まないと買えなくなる」というあおりトークもウソであることがほとんどだ。

 商談コーナーに大きく張り出されている価格表に付くバラもフェイクであることが多い。商談コーナーの混み具合は本物だが、都心や湾岸のタワーマンションの場合は、彼らが何語で話しているかについてもさりげなく注意すること。彼らが隣人となる可能性がある。

 最後に竣工・引き渡しが1年半、2年先の物件を購入する契約を結ぶのはリスクが高いことを付け加えておく。その時の経済情勢や金利は今と異なる恐れがあり、2年先も同じとはかぎらない。

 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる(www.sakakiatsushi.com)。著書に「マンションは日本人を幸せにするか」(集英社新書)など多数。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース