記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】覆面調査モニター44万人は業界トップ! 増収増益の出世株「MS&Consulting」に注目 (1/2ページ)

 株式市場は3月期企業の決算発表シーズンに突入しました。大まかに見て、今月中に一部のハイテク、国際優良株の発表が先行して、ゴールデンウイーク(GW)明けに内需株、金融株、新興企業の発表という流れになります。

 全体相場は、27日に開催予定の韓国と北朝鮮による南北首脳会談(板門店)がビッグイベントとして控えるほか、5月第1週の営業日は2日間のみというGWのカレンダー事情から、GW前後の株式市場は積極的な売買が手控えられて、商いは減少することが予想されます。

 そのためこの時期は例年、値動きの軽い中小型、新興市場銘柄が人気化します。前回紹介したソーシャルワイヤーも1600円台から1900円台へと上昇しました。

 今回はマザーズに上場する「MS&Consulting」(6555)が出世株として注目できます。

 顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」を基幹サービスとして、従業員満足度調査「サービスチーム力診断」やコンサルティング・研修などの各種サービスを展開しています。覆面調査ではモニター44万人で業界トップです。良品計画、ユナイテッドアローズ、鳥貴族、成城石井、ロッテリアといった小売り、外食大手のほかホテルチェーン、大規模商業施設などに顧客が広がっています。

zakzakの最新情報を受け取ろう