記事詳細

【トップ近況】新生銀行・工藤英之社長 ベンチャーへの支援に意欲「事業戦略に合う企業には戦略的に投融資」

 低金利の長期化で資金運用が難しくなる中、将来性のあるベンチャーへの支援について、新生銀行の工藤英之社長(54)は「自行の事業戦略に合う企業には戦略的に投融資する」と意欲を示す。

 仮想通貨交換業者のテックビューロ(大阪市)には昨年、「ブロックチェーンの活用技術が期待できる」として投資したが、事業連携の可能性は否定する。一方、外部のビッグデータを使ったビジネスを念頭に、異業種と組んで新たなサービスの開発を急ぐ考えだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう