記事詳細

コインチェック、取引再開メド明かさず “塩漬け放置”で投資家の含み損拡大も

 約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」を流出させた交換業者コインチェック。日本円の出金を再開したが、停止している仮想通貨の取引再開時期は明らかにしなかった。投資家の仮想通貨が塩漬けで放置される状態が長引けば、含み損が拡大する恐れがある。

 コインチェックは13日、業務改善計画を金融庁に提出。日本円の出金も再開し、401億円が引き出されたとした。

 大塚雄介取締役は、ネムの保有者については約480億円の補償資金を確保したと強調したが、仮想通貨の売買再開の時期は示さなかった。

 仮想通貨はこのところ下落基調で、コインチェックでネム以外の仮想通貨を取引している投資家は、ある意味でネムの保有者より被害が深刻ともいえる。どう落とし前をつけるのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう