記事詳細

【日本の元気】チョコレートで進む「環業革命」 コンビニに並ぶあの人気商品の原料、トメアスー産カカオ豆 (1/2ページ)

 ヒット中の「明治ザ・チョコレート」シリーズ。そのうち3種にブラジルトメアスー産のカカオ豆が90%以上使用されている。そのトメアスーはブラジルのアマゾン、パラー州にあり、海外では最大の日本人移住地だ。

 日本人移住者たちがトメアスーに入植して80周年を迎えた2009年、現地では大規模な祝典が開催、私も駆けつけた。トメアスーでは、荒廃した農地を森林として再生、その森林内に農作物を植える「森林農業」が広がりつつあっただけに、80周年祭はトメアスーの新しい時代の始まりを告げるように思えた。

 その森林農業の先達である坂口陞(のぼる)さんは、80周年祭の直前に他界されてしまったのが何とも残念だった。私は坂口さんの仏壇の前で「供養講演」を行ったのだが、この80周年祭には明治のチョコレートの専門家も来訪していた。

 トメアスー総合農業協同組合(CAMTA)は、JICA(海外協力事業団)の支援で建設されたジュース工場で、森林農業によるトロピカルフルーツのジュースを生産してきた。収穫したばかりのフルーツを絞って即座に冷凍パッケージにし、オーガニック食品としてブラジル国内や世界に輸出するのだ。

 そのCAMTAからジュースの輸入を続けてきたのが、フルッタフルッタ社だ。社長の長澤誠さんは若いころスイスのチョコレートの専門学校で学んだ経験があり、明治はその長澤さんの紹介でトメアスーを訪れたのだと聞いた。

 明治の専門家はカカオ豆の栽培地や農場でのカカオ豆の発酵工程などを見て回ったが、いささか厳しい顔つきだった。世界に通用するチョコレート原料としては、生産技術が未熟だったからだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう