記事詳細

【オトナの社会科見学】VRで“自分だけの車”体感、好きな車体色やホイールにカスタマイズ

 東京メトロ表参道駅から国道246号を赤坂方面に7分ほど歩いた左側にある「ボルボスタジオ青山」。10月オープンのボルボブランドを体感するコンセプトストアだ。

 車のみでなく時計、バッグなどオリジナルグッズもそろえカフェも併設。車を「所有すること」から「使用すること」に重点を置き、「SMAVO(スマボ)」というリースプログラムを基本とした同スタジオ独自の支払い方法や、ここでしか手に入らない特別限定車も販売予定だ。

 VR(バーチャルリアリティー)体験コーナーでは、ゴーグルを装着してコントローラーを操作し、好きな車体色やホイールなどをカスタマイズした車ができ上がるのも疑似体験可能。カフェでは、国内屈指の品質「神乃珈琲」とコラボしたコーヒーメニューを提供。18時からはシャンパンバーとして営業する。

 特筆すべきは、一流アーティストを迎え、50人限定で20時開演のプレミアムイベントをレギュラー開催すること。アートでは「美術手帖」、トークでは批評家、東浩紀氏主宰の「ゲンロンカフェ」が協力。12月19日には歌手、野宮真貴のライブ(1ドリンク付き2000円・要予約)も。至近距離でぜいたくな夜になりそう。(矢吹博志)

 ■「ボルボスタジオ青山」(東京都港区北青山3の3の11 1階、(電)03・6896・1141)ショールーム/カフェ10~18時、シャンパンバー18~23時

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう