記事詳細

【今日から始める10万円株】3~4%の高配当狙える銘柄 驚愕の利回り4・39%「リベレステ」 (1/2ページ)

 日経平均株価が年初来高値圏で推移、個人投資家好みの中小型の材料株も元気いっぱいだ。

 「過去には、リーマン・ショックなど危険な局面もありましたが、おかげさまで9月で資産が過去最高額になりました。でも、最近は投資家が浮かれているようで逆に少し不安になっています。今は値動きの激しい材料株を次々と利益確定し、高配当銘柄を中心に仕込んでいます」とは、株式投資歴20年の専業主婦。

 一般的に、配当を出せるということは企業側にもそれなりに体力があるということ。特に10万円株の中には、配当利回りが3%を超えるような企業も多く、高配当を理由に株価が下がりにくい銘柄が数多くある。

 今週の10万円株はそんな高配当銘柄の中からチャート的にも魅力的な銘柄をピックアップした。

 まずは、ジャスダックの「リベレステ」(8887)。同社は首都圏で分譲マンションや一戸建てを展開する不動産会社だ。足元の業績もしっかりと推移しており、配当利回りは驚愕の4・39%。株価は2日に年初来高値を更新、日足チャート上には7連騰の陽線が立ち並んでいる。

 2日現在の株価は911円(100株単位)、10万円で買えるチャンスは今だけかもしれない。

 東証1部の「グランディハウス」(8999)は栃木県など北関東を中心に不動産業を展開し、業績は過去最高益を更新中。配当利回りは3・57%と高水準で放置されている。株価は8月25日の400円を底にV字回復し、2日には448円の年初来高値にツラ合わせとなった(100株単位)。5日移動平均線に沿っての上昇が続き、要注目だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう