記事詳細

【ネット騒然銘柄】材料出尽くし感で大暴落の「アエリア」 ネット上では「フルボッコ状態」など落胆する声噴出

 新興市場の株価が急落している。8月1日は、マザーズ指数が前日比3・9%も下落。個別銘柄ではさらに叩き売られた銘柄が少なくない。

 今年1月に発売したスマホゲーム「A3!」の好調で株価上昇が続いていたアエリア(3758)。7月31日に発表した2017年12月中間期の業績予想自体は良い数字だったが、材料出尽くしととらえられて翌8月1日の株価は前日比20%超の大暴落。新興市場の急落も影響したもようだ。ネット上では「この業績でこの下げはどいひー」「フルボッコ状態」など落胆する声が噴出。「ゲームセクターの生き残り戦争が始まったか」と、この先の熾烈な生存競争を予見するコメントが印象的だった。

 好調な第1四半期決算を発表し、1日は一時ストップ高まで買われたエノモト(6928)。ところが、引け直前になってあれよあれよという間に売られ、ほぼ値上がり分が帳消しに。夏祭りならぬ損切り祭りの会場となったようだ。あるトレーダーは「(株価が)将軍様のミサイルみたいに急降下してる」とつぶやいていた。(新井奈央)

 【2017年8月3日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう