記事詳細

【一生働く!】介護・福祉と不動産に精通 専門チームでシニアの部屋探しサポート (1/2ページ)

★S-FITケア(1)

 企業編の7社目となる「S-FIT(エスフィット)」は、賃貸仲介を中心に売買やリノベーション、シニア事業などの不動産ソリューションを提供している。成長を続けている同社が考える「シニアライフ」とは--。

 ■独自の賃貸仲介スタイル

 S-FITは、「不動産業界初の楽しく頼れる賃貸仲介店舗」として、カフェスタイルの「お部屋探しCAFE ヘヤギメ!」を展開し、不動産の堅苦しいイメージを払拭することに成功した。同社の店舗は若い世代からも気軽に立ち寄れると好評で、現在、首都圏に20拠点(法人向け店舗含む)まで拡大している。

 店舗改革だけでなく、営業スタイルにもこだわりがある。同社シニアライフ事業部の浅尾銀士さん(39)は次のように言う。

 「当社は、客層によって営業部隊を組んでいます。営業マンに専門性を持たせていますので、さまざまなお客さまのニーズに対応することが可能です。例えば、大家さん側からの物件管理業務などの依頼や、法人所有の不動産の運用などの相談にも対応できます」

 同社は、不動産の購入から管理・募集、収支改善や土地活用の提案・売却・転売など不動産賃貸経営に関わるすべてをサポートすることを目指しているという。こうした“不動産ソリューション”の一括提供は、利用客にも利便性が高い。そしてこの独自のスタイルが、シニア層へのサービス展開にも結びついたのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース