記事詳細

【ネット騒然銘柄】“勝負の世界”の予想は難しい 新ゲーム内容発表後に急落「enish」に落胆の声続々

 大型FAで3選手を補強し、優勝に向けて準備万端のはずだったプロ野球の巨人。が、フタを開けてみると、優勝どころかAクラスも危うい状況だ。勝負の世界の予想は本当に難しい。

 株の世界も同じである。人気アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」絡みのゲーム開発の期待で株価が暴騰していたenish(3667)。24日の引け後にゲームの内容と秋元康氏の音楽プロデューサー就任を発表し、一段高待ったなしと思われた。が、翌25日は寄り付きから急落。ネット上では「ストップ高と思ってた」「ウナギ上りじゃないのか」(※この日は土用丑の日)と落胆する声が続出。ゲームが今秋配信予定のため「秋まで相場は続く」と予想するトレーダーもいた。今後に注目だ。

 24日に新たながん免疫療法のための細胞の製造方法で特許取得を発表したブライトパス・バイオ(4594)。これまでなら連続ストップ高クラスの材料なのだが、25日はわずかな上昇にとどまった。某大手掲示版では売り手と買い手が激しく煽り合っていたが、バイオ株の旬はもう過ぎたということか。(新井奈央)

 【2017年7月27日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう