記事詳細

【一生働く!】保険で元気なシニアの自転車ライフを応援 ヘルメット着用を促進するプランも開発 (1/2ページ)

★au損保(1)

 2010年に設立された「au損害保険」は、「保険をケータイ」することを目指し、スマートフォンなどから気軽に手続きできる保険販売で注目されている。とくに自転車保険の分野ではパイオニア的な存在で、シニア世代からも好評を得ている。

 ■業界初!70歳からの自転車保険

 子供からシニアまで気軽に乗れる自転車は便利な半面、それなりにスピードも出るため、一歩間違えば危険な乗り物にもなる。最近、自転車事故で多大な損害賠償費用を請求されたケースが報道されたこともあり、自転車の危険性に関心が集まっている。

 一方で、近年は元気なシニアが増え、高齢になっても自転車に乗り続ける人が多い。しかし、警視庁のデータによると、自転車事故による死亡者の約7割が65歳以上の高齢者だという。そのため、自転車保険の必要性がクローズアップされている。実際、自転車保険加入の義務化を実施する地方自治体も出てきている。

 そんななか、同社は昨年10月、70歳以上専用の自転車向け保険「Bycle S(バイクル エス)」を発売した。荒尾尚・執行役員兼営業開発部長(55)は「自転車保険は年齢制限のあるものが多く、これまでシニア世代の加入は困難でした。アクティブシニアが増えるなか、そのニーズに応えたいと『Bycle S』を発売しました」と発売経緯を話す。

 ■充実の保証・サービス内容

 Bycle Sは発売以来、シニア世代や高齢の親が自転車に乗っているのを心配する40-50代の子世代の支持を得ている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース