経済・マネー注目ニュース

ギアかみ合わない政府と自動車業界 寒波で電力供給の脆弱さ露呈もEV推進、佐藤篤司氏「インフラ整わないまま普及は無理」

 冬の寒波で、国内の電力供給の脆弱(ぜいじゃく)さを露呈するなか、日本経済を支える自動車産業も岐路に立たされている。政府は2030年代半ばのガソリン車禁止、50年に温室効果ガスの実質ゼロを掲げるが、電気自動車(EV)には莫大(ばくだい)な電力が必要だ。米国や中国メーカーもEVで急成長し、異業種も参入に意欲をみせるが、日本は官民のギアがかみ合っていないようにみえる。