科学技術で日本は中国に追い抜かれたのか? 肝心の科技担当相は書類送検…

 「科学技術を使って自動運転の時代が来ることも考えている。しっかりやらなければ」 鶴保庸介科学技術担当相は9月6日の記者会見で、集まった記者らに対して言葉に力を込めた。この言葉だけなら、担当大臣として科学技術の振興に尽くす決意表明として頼もしくも聞こえる。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト