「盗人猛々しい日本外交」…誇大捏造当たり前、国民だます韓国報道“お家芸”ウラ

 まずは「自分は被害者であること」を固めて、次は謝罪と補償を求める−。韓国人が得意とする交渉戦術だ。被害者であることをPRするには、同調者を引っ張り込む。現場にいない同調者の発言を誇大に伝えるどころか、捏造することぐらい当たり前だ。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト